IMG_0900.jpeg

避妊相談

避妊相談

避妊法には、大きく分けて「普段から行う避妊法」と「緊急避妊法」の2つがあります。「普段から行う避妊法」として、「経口避妊薬」(ピル)、「子宮内避妊具」、「男性コンドーム」「不妊手術」などがあります。当院では、避妊率の高い、「経口避妊薬」や「子宮内避妊具」による避妊法をすすめております。「緊急避妊法」として、「LNG単回投与」「ヤッペ法」「銅付加子宮内容避妊具」などあります。当院では、副作用の少なく効果の高い「LNG単回投与」による緊急避妊法をすすめております。では、避妊法について順にみていきましょう。

普段から行う避妊法

-経口避妊薬

「経口避妊薬」(ピル)は、エストロゲン・プロゲステロンというホルモンを含んだくすりを飲む避妊法です。「排卵をおさえる効果」と「子宮内膜を薄くする効果」があり妊娠を防ぐことができます。定期的に内服することでほぼ確実な避妊効果を得ることが出来ます。また、女性が主体となった避妊が可能であり、さらに月経痛や過多月経の改善、にきびの改善など副効用もあります。

-子宮内避妊具

「子宮内避妊具」(IUD)は、子宮内に避妊具を留置する避妊法です。避妊具には「ノボレルゲストレル放出子宮内システム」「銅付加IUD」などの種類があります。子宮の入り口から子宮の中に避妊具を挿入するので、外来で挿入することができます。ただし、子宮筋腫などで子宮の形が変形している人には挿入できない場合があります。「子宮内避妊具」の位置がずれてしまったり、外に出てきてしまう場合があるので、かならず「子宮内避妊具」の位置を確認するため定期的な診察が必要です。また、「出血」「痛み」が起こることがあり、「感染」や「異所性妊娠」のリスクが上昇するので子宮内避妊具の使用中も注意が必要です。使用期限は5年のものが多く、その後も使用を継続する場合には交換がすすめられます。

-男性コンドーム

日本で一番普及しているのが男性用コンドームです。「性感染症の予防」「男性が避妊に参加出来る」といった利点があります。ただし、正しい装着方法を守らなかったり、コンドームの破損・脱落などによって、避妊に失敗してしまう可能性があります。産婦人科医としては、より確実な避妊法である「経口避妊薬」や「子宮内避妊具」をオススメします。

-不妊手術

不妊手術は、男性であれば精子の通り道である精管を結紮・切断(いわゆるパイプカット)。
女性であれば精子や受精卵などの通り道である卵管を結紮・切断する手術を行います。一度、不妊手術をおこなったら、ほぼ永久的に避妊効果が得られます。実際には、女性では帝王切開を何回も繰り返している方であれば、帝王切開の際に一緒に行う場合が多いです。また、経腟分娩の場合は産後すぐの子宮が大きいうちに手術することもあります。なお、当院では不妊手術は行っていません。

緊急避妊法

-LNG単回投与

「LNG単回投与法」は、性交後72時間以内に「ノボノルゲストレル」(LNG)という薬を1回飲む方法です。「LNG単回投与法」は、避妊効果が高く、副作用も比較的少ないため、WHOなどで推奨されていおり、当院でもオススメしております。副作用として、「吐き気」が多いです。他にも「下腹部痛」「頭痛」「胃腸障害」「眠くなる」などの副作用があります。産後授乳をされている方は、LNGは乳汁に移行するので、内服後24時間は授乳を避けるよう注意が必要です。

-ヤッペ法

「ヤッぺ法」は、性交後72時間以内に「中用量ピル」を2錠内服し、さらに12時間後に「中用量ピル」を2錠内服する方法です。つまり、合計で4錠を2回に分けて内服することになります。副作用が比較的おおく、避妊効果も「LNG単回投与法」とくらべると劣ります。また、中用量ピルの2回目の内服を忘れてしまう可能性があります。

-銅付加子宮内容避妊具

「銅付加子宮内避妊具」を性交後120時間以内に挿入する方法です。銅付加子宮内避妊具は避妊効果は高いですが、値段が高いです。今回の緊急避妊にくわえて、今後の長期の避妊を目的とした場合に使用されることが
あります。使用期限は5年間のものが多く、その後も使用を継続する場合は交換が必要です。

※緊急避妊は夜中に緊急で受診する必要はないです。「緊急避妊」には緊急という名前がついているので、夜に性行為をして避妊に失敗してしまった場合に、夜中にあわてて救急外来を受診する人がいます。しかし、その必要はないです。むしろ、救急外来では緊急避妊薬の処方に対応していない所が多いので注意が必要です。今までみてきたように、性行為から72時間という時間の猶予がありますので、翌朝の診療時間に受診して緊急避妊法を相談してください。翌朝に飲むことが多いので、「緊急避妊薬」は「モーニングアフターピル」「アフターピル」とも言われているくらいです。