IMG_0900.jpeg

性感染症

クラミジア

B型肝炎・C型肝炎

性器ヘルペス

HPV

淋菌

HIV

トリコモナス

梅毒

尖圭コンジローマ

カンジダ

クラミジア

「クラミジア」にはいくつか種類がありますが、「クラミジア・トラコマティス」というタイプがあります。主に性行為によって感染をおこし性器クラミジア感染症となります。無症状のことが多いですが、「子宮頸管炎」から感染が広がり「発熱」「腹痛」などの症状を来たします。また、不妊症につながることもあります。さらに、オーラルセックスによって口の中に感染すると「咽頭痛」「扁桃炎」など感冒症状を呈します。クラミジアは、おりものやのどを拭う検査をしたり、血液検査で抗体を調べます。

​淋菌

「淋菌」は「ナイセリア・ゴノレア」という細菌が原因の感染症であり、主に性行為によって感染します。男性では「尿道炎」から「排尿痛」や「膿尿」などの症状が起こります。女性では無症状のことが多いですが、「子宮頸管炎」から感染が広がり「発熱」「腹痛」などの症状を来たします。また、不妊症につながることもあります。さらに、オーラルセックスによって口の中に感染すると「咽頭痛」「扁桃炎」など感冒症状を呈します。「淋菌」は、おりものやのどを拭う検査をします。

梅毒

「梅毒」は、「梅毒トレポネーマ」という病原体が原因の感染症です。おもに性行為(セックス・オーラルセックス・アナルセックスなど)の際に、血液・精液・腟分泌液などの体液を介して感染します。梅毒の症状は、「性器」や「全身の皮膚」にできものが出来るのが特徴であり、感染してからの時期によって現れる症状の特徴があり1期から4期まであります。「梅毒」は血液検査や視診(皮膚のできものを見る)で調べます。

B型肝炎・C型肝炎

「B型・C型肝炎ウイルス」は、その名の通り肝炎を引き起こすウイルスです。血液を介して感染し、性行為や輸血、いれずみ、分娩時などが主な感染経路になります。基本的には無症状ですが、「慢性肝炎」から「肝硬変」「肝がん」につながる可能性があります。B型・C型肝炎ウイルスは血液検査で調べます。

HIV

HIVとは、Human Immunodeficiency Virus(ヒト免疫不全ウイルス)のことで、免疫細胞に感染するウイルスです。血液や体液を介して感染し、性行為や分娩・授乳の時の母子感染などが主な感染経路になります。感染して間もない時期には「発熱」「リンパ節の腫れ」「のどの痛み」「皮疹」「筋肉痛」「下痢」などの症状が見られます。その後、症状がない「無症候期」を経て、「エイズ発症期」となり、免疫不全状態からさまざまな感染症にかかるようになります。HIVは血液検査で調べます。自治体で無料で行っている所もあります。

尖圭コンジローマ

「尖圭コンジローマ」は、「HPV」(ヒトパピローマウイルス)とよばれるウイルスによる感染症です。おもに性行為によって感染し、外陰部・会陰・肛門周囲などに「先のとがったイボのような病変(疣贅)」を来します。尖圭コンジローマは基本的には視診(病変をみること)で診断しますが、希望があればHPV検査を行う場合もあります。

性器ヘルペス

「性器ヘルペス」は、「単純ヘルペスウイルス(1型,2型)」とよばれるウイルスによる感染症です。主に性行為によって感染し、性器や口唇などにみずぶくれや浅い潰瘍などの病変を来します。また、発熱やリンパ節の腫れなど認めることもあります。
「性器ヘルペス」は基本的には視診(病変をみること)で診断しますが、補助的に血液検査で抗体を調べたり、病変を拭う検査を行う場合もあります。

トリコモナス

「腟トリコモナス症」は、「トリコモナス」という原虫による感染症です。おもに性行為によって感染し、おりもの異常が見られます。とくに腐ったような悪臭をともなう黄色がかったおりものの場合は「トリコモナス」を強く疑われます。「トリコモナス」は、おりものの顕微鏡検査で診断します。

カンジダ

「カンジダ腟症」または「外陰腟カンジダ症」は、「カンジダ」(カビの一種)による感染症です。おもに性行為によって感染し、おりもの異常や外陰部のかゆみが見られます。とくに酒粕、お粥、ヨーグルトのようなおりものの場合は「カンジダ」を強く疑われます。「カンジダ」は、おりものの顕微鏡検査で診断します。

HPV

「HPV」とは、「Human Palilloma Virus」(ヒトパピローマウイルス)のことで、イボをつくるウイルスのことです。おもに性行為によって感染します。「HPV」にはさまざまな種類があり、形成される病変に名前が付いています。たとえば、「HPV6・11」では先ほど説明した「尖圭コンジローマ」、「HPV16・18・31・52・58型」などのハイリスク型のHPVによって「子宮頸がん」、「HPV2・4」では「尋常性疣贅」(じんじょうせいゆうぜい)、「HPV3・10」では「青年性扁平疣贅」などが挙げられます。さらに、ハイリスク型のHPVによって「外陰がん」「肛門がん」「直腸がん」「咽頭がん」など引き起こります。子宮頸がんのほとんどはHPVによる感染が原因です。HPVワクチンと定期的ながん検診で子宮頸がんを予防することが出来ます。是非とも受けるようにしましょう。